こんにちは。まえざわです。春は出会いと別れの季節です。ラジオも、慣れ親しんだ番組が終了したり、新しい番組が始まったりします。でも、それは、たいてい3月下旬のお話。
 実は、私の担当番組がこの3月で終了することになりました。いつもでしたら、たいてい、ホントの最終回に「実は…」と切り出すケースが多いのですが…というか、私は何度か、「今日で終わります」とすら言わずに番組を終了したこともあるぐらいなのですが(笑)、今回、終了する番組はそうもいかない番組です。
 「まちネタ!」。Wikipediaによりますと、2005年4月にスタートしたこの番組、丸5年放送したことになりますね。せっかく2度にわたって合併した「倉敷」を、あえて合併前の地域に分けて(笑)、その地域の情報をその地域に住む人が発信していこう、ということでスタートしました。最初の1年間は録音番組。そして、2年目からは、その地区からの生放送となりました。各地区の、こちらからお願いした市民スタッフの方に、それぞれ番組の内容を考えてもらい、マイクの前に座ってもらいました。Wikipediaも、そんなスタッフの1人が「まちネタ!」の項目を作ってくれました。
 その「まちネタ!」が、3月で終了します。各地区、毎週の持ち回りになっていますので、今日3月3日に放送した「まちネタ!真備」は、3月がスタートしたばかりにもかかわらず、今日が最終回。で、私は、これから1ヶ月間、毎週、最終回を放送していくことになります。こんな経験は、初めてですね。不思議な感じです。
 コミュニティ放送局は、地域の身近な話題を紹介するのが得意分野です。また、市民の皆さんがもっと身近にラジオに出演してもらう、というのがFMくらしきの考え方でもあります。その意味では、この「まちネタ!」は、我ながら、その意図にしっかり合った番組だったんだろうな、と思います。『一極集中』という言葉があります。情報は、とかく発信されている中心地のものばかり、ということになりがちです。「まちネタ!」は3月で終了しますが、旧倉敷のみならず、児島、水島、玉島、真備、船穂の情報もしっかりお伝えしていく放送局でなければいけないな、と思っています。皆さんからの情報あっての放送局です。「こんなことがあるよ」という情報、これからもぜひお寄せください。(2010.3.3)



 こんにちは。まえざわです。新しい年、2010年になりました(こう書いておくと、頻繁に更新するに違いない)。
 FMくらしきの中のカレンダーもすべて掛け替えられました。たいていは、昨年と同じ、または似たようなカレンダーに掛け替えられます。そんな中、2階の事務所の西側にかけられていたカレンダーが、今年からガラリと変わったので、ビックリしてしまいました。
 昨年までは「バザールでござーる」のカレンダーでした。
バザール・デ・ゴザール
 それが今年から急に「浮世絵」のカレンダーになりましたっ!どうした心境の変化なのでしょうか!なんといっても絵のタッチがぜんぜん違う(笑)!
1月はこんなデザイン。
 …その他、机の上の卓上カレンダーなども替えましたが、まだまだ「見慣れないもの」という思いが先に働きます。これからだんだん見慣れていくのでしょう。
 そしてもうひとつ、今年になって、なかなか慣れないことがあります。パソコンで文書などのファイルを作ったとき、例えば「ファイル名+今日の日付6桁」という名前をつけたりしますよね。昨年まではずっと「080511」とか「091224」とか、0からはじまっていたわけです。テンキーを使うと、お父さん指スタート(笑)。これが、「100104」ってなるわけですもんね。お母さん指スタート(笑)。頭がまだ「お母さん指スタート」についていっていません。必ず躊躇します。どうですか、パソコンで文書作成をする方は、同じような思いなのではないかなと思うのですが。
 それにしても、10年続いた「お父さんスタート」が、「お母さんスタート」に変わった…って、なんだかご家庭のお父さんとお母さんの力関係にも通ずるものがあったりするのではないかと…。嗚呼。
 さあ、あとは、スタジオの年間カレンダーを替えなければいけません。これは、毎年、ワタクシが児島でデニム地のものを買ってきています。いつ買いに行こうかな。ともあれ、今年もよろしくお願いいたします。 (2010.1.4)



 こんにちは。まえざわです。先日、「拝、ボーズ!!」のイベントで東京に行ってきました。
 実は、東京に行ったのはほぼ6年ぶり。今回は、機材を倉敷から持っていくということがあって、いわゆるスーツケースを運んでいきました。岡山空港から飛行機に乗って、羽田空港まで。念願の羽田空港第2ターミナルをゆっくりじっくり見物して、屋上の展望デッキで次々に離陸する飛行機を眺めて、それだけじゃ物足りずに第1ターミナルにも移動してゆっくりじっくり見物して、屋上の展望デッキで次々に着陸する飛行機を眺めて…。あ、これじゃ、目的地が羽田空港みたいですね。
 いやいや、東京に頻繁に行っていらっしゃる方はそうでもないんでしょうけれども、今回の私は、なんだか海外旅行をしたような気分にひたっております。私がこれまで訪れた海外って、「ソウル」「香港」「上海」。どこも日本人と同じようなお顔をした方がいらっしゃる大都会ですね。そこをスーツケースを引きずって、きょろきょろしながら歩く。前澤@東京は、まさにそんな感じでした。標識や看板の文字が日本語である、という点が海外とは違うものの、見るものすべてがテレビで見たもの!あ、東京タワーだ!あ、六本木ヒルズだ!あ、渋谷のスクランブル交差点だ!
 ……おノボりさん丸出しですね。でもいいんです。おノボりさんだから(笑)。
 で、今回、思ったのは、東京タワー。やはり圧倒的な存在感がありますね。どこからでも見えて、特にライトアップされると、ものすごく誇らしげな感じをかもし出しています。倉敷にタワーが欲しいわけではないですが(タワーレコードはありますが(笑))、東京タワーに相当するものって、なんだろう…と考えてしまいました。うーむ、何なんでしょうねえ。  (2009.2.24)



 こんにちは。まえざわです。ははは…11ヶ月ぶりの更新ということになりますね。
 いくつかの番組で少しお話ししているのですが、最近、ミネストローネをよく作ります。え、料理が趣味なのかって?それにしちゃあ、上のほうの「趣味」の欄に「料理」とは書いてねえじゃねえか、…って?いえいえ。料理は、「家事」なのです(笑)。
 材料は、たまねぎ、にんじん、じゃがいも、セロリ、キャベツ、ベーコン、にんにく、そして、缶詰のカットトマトを使います。たまねぎのみじん切りとにんにくを少ーし(私はにんにくが苦手なので、生のものを使うことは到底できません。乾燥にんにくを戻して使っています)、オリーブオイルでいためまして、あとは、一口大に切った野菜とベーコンをどどどどどっと放り込み、カットトマトと、同量の水と、あ、そうそう、野菜ミックスジュースを2缶、ドボドボドボっと流し込み、コンソメを入れて、あとはぐつぐつ煮るだけです。
 夕食の1品にもなりますし、朝の忙しいときにコップ1杯…ってのもありですし、なかなかすばらしいミネストローネ。あなたも今夜、作ってみませんか? (2009.1.25)



 こんにちは。まえざわです。8ヶ月のご無沙汰でした。前回更新したのは昨年の6月だったみたいです。ブログをやってらっしゃる方ってすごいですね。毎日更新してますもんね。長続きする秘訣を教えてください。
 さて、先日、大学時代の同窓会が、ジャジャーンと突然開かれました。卒業してから1度もお会いしていなかった諸先輩方や同期や後輩にも再会することができました。よくよく考えてみると、1度も会ってなかった人とは13年ぶりということになります。13年間一度も会っていなかった人と話をするってどういう感じなんでしょうか?だって、みんなそれぞれ13年、お互いの知らない人生を歩んできたわけですから。
 …なーんて思いながら会場に行きました。そこでわかったこと。
1)大人は、5年経とうが10年経とうが、顔がわからなくなるほど変化することはない。
2)大人は、5年経とうが10年経とうが、違和感なくフツーに話ができる。
3)大人は、5年経とうが10年経とうが、性格はそれほど変わらない。
 ということは、自分も変わっていなかった、ということになりますね。社会人になってからちょっとは大人になったかな、とか思っていましたが、いやいや、今、ラジオでお聞きいただいているそのままの感じの大学生だったようですよ。イヤな学生ですよねぇ(笑)。
 さあ、次は何年後に同窓会が開かれるのか、その時が楽しみです。それにしても、13年という月日を考えたら、更新していなかった8ヶ月なんて、ほんの一瞬、みたいなもんですな。
 さあ、次は何ヵ月後に更新されるのか、そのときが楽しみです(笑)。
 (2008.2.12)


 こんにちは。まえざわです。ベランダで少しだけ野菜を栽培しています。いや、栽培ってったって何にもせずに水をやってればなんとかなるものばかりですけどね。
 まず、以前から手掛けているのが、「青ネギ」。これはカンタン。スーパーで買ってきた青ネギの根っこの部分だけ植えておいたら、勝手に生えてきました。今や、わが家の「1食+うどん」の「うどん」には欠かせない薬味となっております。ありがたやありがたや。
 次に、「ミズナ」。これは、100円ショップで「2つ100円」のタネを購入して、植木鉢に蒔いておいたもの。ミズナだけに、水だけやってれば、勝手に生えてきました。完全無農薬ですので、サラダにしてみました。シャキシャキしておいしいですよね、ミズナ。
 そして、もう一つが「シソ」。青ジソです。これも、2つ100円のタネの片方ですね。植木鉢に蒔いておいたら、水だけやってれば、勝手に生えてきました。こちらも完全無農薬ですので、キュウリの浅漬けを作るときに刻んで混ぜてみました。おいしいですよね、シソ。
 …ということで、冒頭、「栽培しています」と書きましたが、これはウソでした。栽培しているんじゃなくて、「水だけやってました」というのが正しいですね。勝手に生えてくるものなんですね。他に、どんなものが、「水だけやってれば勝手に生えて」くるのでしょうか。いろいろ実験してみようと思います。
 え、「食と農」を考えるコーナーをやってる者が、そんな認識ではいけない、と?…確かにそうですなあ。子どものころは、両親が家の畑でトマトとかイチゴとか作ってましたけど、そのDNAは受け継がれなかったんですかねぇ…。今晩は、レタスをちぎって、シソの千切りと小口のネギとかつおぶしをかけて、サラダ油と醤油をかけたサラダを作りますかな。 (2007.6.21)



こんにちは。まえざわです。先日、ついに「四捨五入したら40歳」という年齢になってしまいました。あ、「ついに」って書いちゃった。…いえいえ、「まだまだ四捨五入したら40歳」です。若い若い(涙)。
 で、一足さきに「四捨五入したら40歳」になった大谷先輩から、プレゼントをもらいました。わーい。それが、こちら。
 わーい。わーいわーい。飛行機だいすき。ボーイング747型機と、飛行機とは明らかに縮尺の違う(笑)トーイングカーや荷物を積む車などがセットになってます。わーい。
 ということで、お休みの日には、家の中を空港に見立てて遊んでおります。華麗なる35歳。わーい。35歳の大谷先輩、ありがとう!
 てなことで、今回のキーワードは「あ」!さあ、5文字のことばはわかったかな? (2007.5.18)



こんにちは。まえざわです。「まちネタ!児島」のスタッフ・岡田氏から、「前澤’s PRの倉庫」のタイトル文字をいただきました。つまり、これを機に頻繁に更新しなさい、という意味に受け取り、きちんと更新するようにします…。
 さて、世の中には、「どうして、こんなにがんばっているのにダイエットできないのかしら」とお嘆きの方が多いと聞きます。でもね、それと逆の悩みを持った人もいるのですよ…(あぁ、またこれで世の中のすべての女性とビールが大好きな男性の反感を買いますね)。私の仕事で使っているパソコンの「Internet Explorer」のお気に入りの下のほうにはひっそりと「太りたい人の太る方法」なんていうサイトが登録されていたりします。
 で、ちょいと今年度は本腰を入れて、太る…いや、もう少し体重を増やすことを目標にしよう、と。夏に向かうこの季節。夏になったら食欲が落ちてますますげっそりなのですが、今年ばかりは、ゼリーばっかり食べるわけにはいかないぞ、と。
 太るためには、まず、炭水化物をたくさん取ることが大事なようなのです。ということで、私、夜ご飯を、「ごはん(大盛り)+おかず(1人前)+うどん(!)」とすることを決めました。あ、あと、納豆(これはダイエットに効くのではないようです(笑))。そして、発酵食品のキムチやヨーグルト。これまでの食事にプラスして毎日うどんを食べたら、そりゃ、太るでしょう…と誰もが思うでしょう。
 そんな生活を続けて、半月。久々に山の温泉に行って体重を量ってみると…「減ってる!」 ダイエット成功!ばんざーい(泣)!…ダイエットしたいあなた、どうぞ毎日、これまでの食生活プラスうどん、を心がけてみてください。…え、保証はしませんよ(笑)。
 てなことで、今回のキーワードは「れ」! (2007.4.23)



 こんにちは。まえざわです。知り合いから、「更新していない」と言われました。おっしゃるとおりです…。
 先日、マービーふれあいセンターに演劇を観に行きました。私は、結構、演劇が好きでして、大学のころにハマったのが「演劇集団キャラメルボックス」。当時は、まだまだあまり知られていない劇団でしたが、今となっては、なかなかいい席が取れなくなってしまいました。で、社会人になってから何度か観に行っているのが「維新派」。数年前に、岡山の犬島でも公演がありました。屋外で前衛的な劇をする劇団なのです。
 先日、マービーふれあいセンターで観たのは、西村雅彦さんや金子貴俊さんが出演された「初仕事納め」。西村雅彦さんなんて、それこそ10年来テレビで拝見している俳優さんです。今泉くんです!一度、間近であのオデコを見てみたいと思っていて、前回のマービーでの「大騒動の小さな家」を観に行ったときには、見事に一番後ろの席でした。ところが、今回は2つの「びっくり」が待っていたのです。
 ワタクシ、当日券を買おうと思って、窓口に行ったワケです。すると、前にいらっしゃった女性2人組が、「よろしければどうぞ」と言って、チケットを1枚、差し出したのです。瞬時に、「あ、これは1枚あまってしまったんだな」と解釈したワタクシは、そのチケットを受け取って、その方にお代を支払おうとしました。ところが、その方は、「いえ、私も、ゆずってもらったものなので…」とおっしゃって会場に消えて行ってしまいました。またまたワタクシは、瞬時に、「あ、これは、どなかたチケットが1枚あまってしまった人が、この2人組にゆずったけれども、2人組は、2人で座りたいからチケットを購入して、そのチケットが回ってきたんだな」と解釈したものの、支払いもせずに鑑賞するってのは、なんだか、申し訳ないような気分です。ラッキーといえばラッキーなんでしょうけど。ここまでが、一つ目のびっくり。
 で、一部始終を見ていたマービーの係の方が「席をお調べしましょう」とおっしゃってくださったので、見ていただくと、「あ、これは最前列ですよ。それも、真ん中」。これが二つ目のびっくり。
 ただで観ることなんて、そうそうできません。それだけでもびっくりなのに、その席が最前列ど真ん中。西村雅彦さんを至近距離、そうですねえ、2メートルぐらいでしょうか…で観ることができました。演劇も、おもしろかったぁ〜。いやいや、チケットをゆずって下さった見ず知らずの方、ありがとうございました。ワタクシ、5500円分、社会に貢献しようと思います(笑)。
 てなことで、今回のキーワードは「と」! (2006.9.7)



 こんにちは。まえざわです。最近、なぜか「名古屋」づいています。
 名古屋にお住まいの方には申し訳ないのですが、これまで名古屋は通過駅か乗換駅でした、私にとって。ま、乗換駅ですから、名古屋駅は歩き慣れていたのですが、実は、名古屋の中心地、栄あたりには足を運んだことが一度もなかったのです。
 その、「名古屋といえば名古屋駅」生活に終止符を打たれたのが、昨年行った愛知万博でした。宿泊が、名古屋市中心部のホテルでした。名古屋にお住まいの方と一緒に、名古屋市中心部の名古屋コーチンのお店に行きました。で、その半年後、三重に住む友達の結婚式に出席するため、再び名古屋を訪れました。その時に、いわゆる「名古屋めし」にハマりました。味噌カツ、きしめん、あんかけスパ(ご存知ですか?とってもコショー辛い)、そして、手羽先(ご存知ですか?これもとってもコショー辛い)。もちろん、手羽先は、「世界のやまちゃん」です(ご存知ですか?とてもインパクトのあるお店で、名古屋市内に多数点在します)。
 さらに、先日、とあるイベントを見学するために名古屋を訪れました。ひつまぶしを、発祥のお店で食べました。お高いものでしたが(笑)、味も最高でした。いやぁ、それにしても1年に3回も足を運ぶ都市なんて、そうそうないですよ。その都市が、なぜか、名古屋。大阪のほうが近いのに、広島もお隣なのに、なぜか、名古屋。
 実は、また名古屋に行こう、という話が持ち上がっています。小倉トースト、名古屋名物すんばらしいモーニング、「シロノワール」なるものをまだ食べていないからです。夏の間に行けば、まさに1年で4回名古屋に行くことになります。あぁ、名古屋。立派な空港もありますしね。いま、名古屋から目が離せません。
 てなことで、今回のキーワードは「ん」! (2006.6.23)


 こんにちは。まえざわです。この春から、再び情報番組を担当することになりました。「倉敷ほっとイブニング」。
 たとえば、主婦の方!「今日のお夕飯、何にしようかしら」→「買い物に行かなきゃ」→「隠し味にチョコレートを入れてっと」→「ちょっと、ゆうくん」「なあに、ママ」「今日のご飯はカレーよ」→「いただきま〜す」まで。  たとえば、サラリーマンの方!「契約もまとまったし、会社に戻ろう」→「今日の報告書、できました」→「社長、おいしいコーヒー淹れたんでどうぞ。キャー!」→「社長、すみませんでした。お先に失礼します(汗)」→「2号線、混んでるなあ」→「ただいま〜」まで。
 そんな皆さんの何気ない生活スタイルの中に、役立つ情報を交えながら自然と溶け込む番組だといいなあ、と思っております。
 そして、もうひとつ、市民制作番組「まちネタ!」。各地区でタイトルが決まっていますが、全部書き出すと結構な文章量になるので、まとめて(笑)「まちネタ!」。この春から、各地区からの生放送でお送りしています。
 これまでは、FMくらしきからの情報発信は白楽町が発信源でした。でも、これからは、あなたのお住まいの地域が、そのまま情報発信源になります。どうぞ、お気軽に番組に参加して下さい。なぁに、参加するったって、放送しているところに来ていただくだけでいいんです。カンタンなことです。お待ちしています。
 てなことで、今回のキーワードは「せ」! (2006.4.7)


 こんにちは。まえざわです。年明け、今年の抱負は…「大掃除をしない」に決定いたしました!
 思えば、昨年末、「ちょいと今年は網戸の掃除とかしてみましょうかね」なんて思って、網戸用洗剤を購入してまいりましてせっせと拭いたのですが、な〜んか、いまひとつきれいになってない気がするんですね。これも、何年も網戸の掃除をしてなかったのがいけなかったんですなあ、と思い、今年は、年末にバタバタと大掃除をしないことに決めたのです。つまり…、どういうことかわかりますよね?で、半年ほどたってどうなってるかもわかりますよね…(笑)?
 それと、もうひとつ。今年は少〜し、オヤジギャグに力を入れてみようかと…。手始めに、こんなところからいきますか、ぜひ、まわりで使ってみてください。
 「トリノオリンピックが終わったら、『ブタのオリンピック』と『ウシのオリンピック』もあるみたいだよ」
 …ヒュ〜(寒)。
 今年も、お宅のラジオからすきま風を吹かせます。よろしくお願いいたします。 (2006.1.15)


 こんにちは。まえざわです。旅行の秋です。公約どおり、下道で旅行に行きました。まずは石川県!輪島!朝市!で、金沢で一泊しまして、次の日は長野県に移動。夕方、安曇野に到着。絵本美術館で絵本を1冊購入。安曇野で一泊しまして(「民宿ごほーでん」。ここは素晴らしい。)、次の日は美ヶ原に行って、馬篭・妻籠に行って、そこから倉敷まで夜走り。
 秋の国体が始まりました。「モテナスンジャー(by石井知事)」。本当のおもてなしの心ってどんなことでしょうか。カンタンで難しいと思うのですが、相手…お客さん十把一絡げではなく、お客さん一人一人のことを考えてあげること、なのではないでしょうか。
 今回の旅行で、金沢で滞在した「プチホテル アイビー」。夏にも一度お邪魔しているのですが、なんと、夕食のメニューが前回と極力かぶらないように、と考えてくださってました。そうすることで、もしかすると、私の分だけ一品、別のものを作るという余分な労力がかかっていたかもしれません。でも、利用する側からすると、とても嬉しい話ですよね。これがたぶん「もてなしの心」。
 国体が終わっても、「もてなしの心」は忘れないようにしたいものです。知り合いが「倉敷に行きたいんだけど…」と連絡をしてきたときに、だれにでも「じゃあ、美観地区とチボリ公園ね」で済ませるのではなく、その人がほんとにどこに行きたいのか、何が好きなのか、きちんと聞いて考えてあげる…そんな気持ちが、旅行者の倉敷のよい思い出として残るはずです。おっ、なんか今回は真面目だなあ。
 それにしても、「座右の銘」にも書きましたが、倉敷から能登半島の先っぽまで行き、そこから長野経由で名古屋まで下り、ひたすら西へ進み倉敷へ戻るというルートは、下道ではないほうがよいようです。そんなことを改めて知った、33の秋でしたとさ。 (2005.10.23)


 こんにちは。まえざわです。秋ですよ〜。財布のヒモもゆるみますね(←なぜ?)。家計簿生活を送っている身ではありながら、いろいろ買ってしまったものがあります。
 まずは、「電ドラ」。ただしくは…電工ドラム、…だったかな。あの、庭に水を撒くときに使うホースみたいにぐるぐる巻き取る電源コードです。何に使うのでしょうか。家で使うのには電ドラよりは、「テーブルタップ」のほうが便利です。…ということで、この電ドラは、今は私の机の下で小さくなっています。
 そして、「レースのカーテン」!思えば、倉敷に引っ越してきてからずーっと同じカーテン、吊りっぱなし(洗濯はしましたよ〜ん)。ほっとけば、未来永劫、同じものがカーテンレールから吊り下げられているところでした。あぶないあぶない。…ということで、この度購入したレースのカーテンは、なななんと緑色!今は、レースのカラーカーテンが普通なんですね。
 最後に、岡山駅の地下に新しくできた、世界の食料品を販売するお店で買った、様々な味の「レトルトカレー」。先日、いち早く、ほんの120円ほどで、「インドネシアンカレー」を食べて、インドネシアンな気分にひたりました。
 さて、この秋も、長野に行きますよ。今まではずっと高速道路をほどほどに使っていましたが、シタミチストとしては、今年はオール下道で行ってみようかと思っております。無謀だ、やめたほうがいい、とおっしゃる方は、ぜひお便りくださいね。(2005.9.1)


 こんにちは。まえざわです。先日、金沢に行ってきました。なぜ金沢に行ったのか。きっかけは2つあります。
 その1。以前、福井まで下道を通って遊びに行ったときに、「あ、あと少し足を伸ばして金沢に行けばよかった」と思った。
 その2。社内で、とあるスタッフさんと話をしているときに、「日本の三名園」の話になって、「兼六園」という言葉に敏感に反応してしまった。
 …そんなこんなで、行ってきました、金沢。倉敷を夜10時ごろ出発すると、途中、1時間の仮眠をとっても、朝9時ごろ着きます。え?もちろん、下道経由ですよ。姫路から北上するのです。で、9号線通って、8号線通って、あっという間に金沢です。
 まず、足を運んだのが「主計茶屋街」。浅野川沿いに、料亭がずらりと並んでいます。昔ながらの建物です。風情がありますねぇ〜。で、そのあと、「ひがし茶屋街」へ。こちらは、まさに「時代劇のセット」さながらの景色。倉敷美観地区も、まるでセットですが、いやいや、負けず劣らず「セット」です(笑)。すばらしい。さらにそのあと、…金沢は手工芸の町。金箔を作る工程など見学しまして、ついでに、オール金箔が貼られた茶室なども見学しまして(笑)、金粉入りのお茶なども飲んでみまして…お昼頃に、近江町市場に足を踏み入れました。街の真ん中にこんなに大きな市場!びっくりです。何軒もの魚屋さんでカニを勧められましたが、…そう、みんなカニを勧める。他にもおいしそうなものはいっぱいあったのに、勧められたのは、カニばっかり…ごめんなさい。お断りしました。
 夕方は、武家屋敷あたりを散策…というか、ほとんど寝ずにでかけたので、幽霊のようにフラフラと歩き回り、その日のお宿は、犀川(←名前を聞くだけでもかっこいい!)沿いの「プチホテル アイビー」。ここの料理は、そんじょそこらでは食べられないすばらしいものである、という評判を聞いて決めました。確かに、手の込んだ、すべてがメインになるようなお料理が何品も…!お支払いした宿泊料は、すべてお食事に使われているに違いないのです(笑)!…それほど、目にも口にもうれしいディナーでした。
 2日目は、このホテルのシェフ長ご推薦の「金沢21世紀美術館」へ。今、人気なんですよね。企画展は、私のような凡人には到底理解できないようなアヴァンギャルドなものでした。ははっ(笑)。で、もうひとつの会場で開催されていた「人体の不思議展」。ここでは、本物の人体標本(…意味、わかります?)が展示されてましてねえ。なんだか、夢に出てきそうだなあと思いました。
 それにしても、歴史的な観光スポットが市内のあちこちに点在し、逆に、未来を感じるような美術館が中心部に鎮座ましましている…で、市場もあるし、若者でにぎわうストリートもあるし、駅前は近代的だし、緑地も多いし、いろんなものがうまく混在した街なんですね、金沢って。そんなことを感じて、帰路に就きました。
 あれ?金沢旅行のきっかけになった、兼六園は?…ははは。行かなかったんです。 (2005.8.1)


 こんにちは。まえざわです。あっという間に夏になってしまいましたねえ(←イヤなんかいっ!)。みなさんは、夏場でもきちんと食事は3度3度、できますでしょうか…?私は、どうしても夏場は食がほそ〜くなりましてねえ。身体もほそ〜くなるんですが(笑)。固形物がまったくダメで、カブトムシみたいにゼリーばかり食べて暮らした年もありましたとさ。今年は、そうはならなければいいなあ、と思っておりますが、こればかりはどうなるかわかりません。
 先日、恐怖の健康診断がありまして、私は血液検査がいちばん苦手なんですが、今回も開口一番、「一番細い針にしてください!」と言いましたよ、ええ、言いましたともさ。やっぱり痛さが違うんですよね。数年前に、血液検査のコーナーでこわがってジタバタしていたら、係の人が、「じゃあ、一番細い針でしましょう」って言ってくれたんです。「(えっ、そんなことができるの?ニヤリ)」と思った私は、もう、それ以来、毎年、「一番細い針」にしてもらってます。もしかすると、技術革新で知らず知らずのうちに「一番細い針」の直径はより細くなってるかもしれませんしね(笑)。
 ま、そんな血液検査の話はどうでもよろしい。問題は体重です(笑)。こんなことを書くと、世の中のすべての女性とビールのお好きな男性の反感を買うに違いないのですが、ついに、体重が大台を割ってしまったのです。こりゃ、まずい。恐怖の夏を前に、こんな体重じゃいけないのです。なんとかせねば。…と思っていたら、先日、「児島タイム」のスタッフの方が、「『前澤くんを太らせる会』を作りました〜」と言って、差し入れを持ってきてくださったのです…ありがたや。
 それにしてもおもしろいのが、実は、この「前澤くんを太らせる会」ってのは、今回はじめてできたわけではないんですねえ。3チーム目(笑)。で、皆さん、判で押したように同じ名称をつける。「太らせる会」。太らせるって…。なんだか、丸焼きにされる前の子豚になった気分です。でも、ほんとに太らせることができた方には、…そうですねえ、虫ゼリーをプレゼントしましょうか(笑)。やせている人のほうが早死にするようなデータも出てましたしね…。おおこわ。 (2005.6.13)


こんにちは。まえざわです。4月からの新生活には、皆さん、もう慣れましたでしょうか。私は…これまでの朝型人間から、再び、超夜型人間へ華麗なる転身(笑)!いやはや。もう若うねーんじゃけぇ…。
 さて、この春から社会人の仲間入りをした人、また、社会人の仲間にちょこっと入ったアルバイト君、大勢いらっしゃるでしょう。先日、とあるお店で買い物をしました。お買い上げ金額、しめて1490円。1000円札の持ち合わせがなく、且つ小銭が少しあったので、私は5590円を出しました。つまり、おつりが4100円のはずです。
 ところが、応対してくれたアルバイト君(恐らく新人)は、5000円札を1000円札と見誤って、レジに1590円と入力しました。そこで、私は「これ、5000円札です」とバイト君に言いました。単純に考えて、レシート上は「預:1590円/釣:100円」となっているけれども4100円を釣銭としてお返しすれば済む話ですよね。
 ところがところが!バイト君は、とっさに判断がつかなかったのでしょう。レジのドロア(←お金が入っている部分ですね…)を開けっ放しで先輩バイト君を呼びに行ってしまいました。しばらくして先輩バイト君がやってきて、新人バイト君から状況を聞いて、手元の電卓で1490円の売り上げに対して、預かり金5590円からいくらお釣りを出せばよいのか、計算をし始めました…。ま、念には念を入れるということで、いいんですけどね…(笑)。こうして、無事に私はようやく4100円のお釣りを受け取ることができました。めでたしめでたし。
 10数年前に同じようにレジ打ちをしていた先輩から新人バイト君への教訓。
「レジを離れるときは、ドロアは必ず閉めよ!」
…たまたま、世界で3番目くらいに小心者がお客さんだったからよかったものの、下手すれば売り上げ、根こそぎ持って行かれるぞっ!
 そして…
「預かり金の打ち間違いくらい、自分で判断して暗算せよ!」
…そのために、算数、習ったんでしょ(笑)。
 ともあれ、この春から新しい環境でお仕事の皆さん、がんばってくださいね! (2005.5.10


 こんにちは。まえざわです。「世界の中心で、愛をさけぶ」を見ても、「いま、会いにゆきます」を見ても、「僕の彼女を紹介します」を見ても、ちっとも泣かなかったまえざわです。ま、これには理由があって、私は映画を観る時には必ずポップコーン(溶かしバターは多めにしてもらう)を持って入るんですが、どうも、このポップコーンが曲者らしい…。せっかくの感動の場面でも、「ポップコーンを食べている自分」が頭の片隅によぎってしまうと、なんとなく現実に引き戻されてしまってるんでしょうね。でも、映画といえばポップコーン、ポップコーンといえば「風雲!たけし城」です(笑)。…ということで、これからもポップコーン(溶かしバター、たまにカップの底で固体に変わっていてびっくりします)は欠かさないでしょう。
 そんな私が、最近、ドラマの「救命病棟24時」を見ては涙しています。ポップコーンを食べながら見ても(家でもポップコーンかいっ:笑)泣けてきます。私は、10年前の阪神・淡路大震災のときには、大阪にいました。揺れによる被害はほとんどなかったのですが、それから神戸が復興していく過程を、同じテレビの放送エリアである大阪で過ごしたわけです。そんなことから、なんとなく、当時の、地震の後の大変さ、みたいなものが心の奥底にあったんでしょうね。ドラマを見ると、そのときのことが思い出されて、じーんと来てしまうのです。
 自分の心の中で災害を風化させてはいけない、と思い、神戸市にある「人と防災未来センター」にも出かけてみました。地震の瞬間を目の当たりにする展示映像は、半端でなく怖いものでした。また、地震直後から復興への歩みを描いた映像作品は、とても心に残る内容でした。そして、膨大な数の資料は、ひとつひとつ丁寧に見ていると、2時間も3時間もかかりました。それでも、ふとすれば忘れてしまいがちな防災に対する認識を植えつけるために、「何度でも」出かけて行こう、と思いました。
 ドラマの主題歌の、DREAMS COME TRUEの「何度でも」が聞こえてくるたびに、涙が出そうになります。…人間なんて、弱いものですなぁ。
 教訓。映画を見るときはポップコーン。地震の怖さを忘れない。涙を流すのは心が温かい(?)。あなたは、よく涙しますか?(2005.3.10)



 こんにちは。まえざわです。2005年になりました。INTERVOICEでもご披露していますが、今年は家計簿をつける年にしよう、と。1年間の我が家の、これっぽっちのお金の流れをじっくり見直してみようと。で、昨年末に家計簿を買いました。
 まずは、1ヶ月の予算をたてます。収入予定額から、毎月かならず支払う公共料金とか新聞代とかを差し引いて、その残った額で普段の買い物で使う支出の予算をたてるわけです。もともとが「これっぽっち」ですから、1ヶ月で使えるお金というのは「ほんのちょんぼし」ということになります。その中で、食費、衣服費、娯楽費、交際費など、細かく金額を割り振っていきました。なにぶん、初めての家計簿なので、どれくらいの予算にすればよいのか、わかりません。恐らく、何ヶ月かやってみて、はじめて適正な予算がわかってくるんでしょうね。
 ということで、今月からは、この予算にしたがってやりくりしていかなければなりません。…別にお金をしこたま貯めよう、ってわけではないんですよ。あくまでも、お金の流れを知りたかったわけでして…。それにしても、家計簿っていろんな種類があるんですねえ。色やデザインもさまざまで見ているだけでも楽しくなります。羽仁もと子さんの婦人之友の家計簿しか知らなかった私としては、そのバリエーションに驚きでした。
 さて、ひとまずは1年間、続けられるでしょうか。家計簿のプロの主婦のみなさん、長続きの秘訣をご存知でしたらぜひ教えてくださいね〜。また、これから1年間で前澤をお酒の席などにお誘いくださる皆さま、前澤の交際費は上限がありますので(笑)、ご承知おきください。(2005.1.6)



 こんにちは。まえざわです。年の瀬ですねえ。♪年末だから〜 あ〜。byユニコーン。
 さて、この秋、意を決して韓国に一人旅をしてきました。海外旅行ビギナーとしては、お隣の国でも大冒険なのです。一人で入国審査も受けました(…フツー、一人ずつですね…)。一人で焼肉屋さんにも入りました。一人で地下鉄にものりました。一人でタクシーにも乗りました。一人で公衆電話から電話もしました。一人でロッテ百貨店の地階食料品フロアをほっつき歩きもしました。一人で郊外の展望台にも行きました(ここからは、彼の地を見ることができる)。一人で市場探検もしました。一人で「NANTA」も鑑賞しました(これはすごかった!これから韓国に行く方にはおすすめ)。一人で「ソウルのナッシュカリー」を発見して驚きもしました。なんでも一人でできる範囲の国、それが韓国なのかもしれません。だって、南米チリに取り残されたら、一人で行動する自信はありませんもん。
 でも、一人で行動できた、といっても、それは、何にも知らない一日本人にいろいろ親切にしてくださった韓国の方のおかげです。それを忘れてはいけません。郊外でタクシーが拾えなくてほとほと困っていたときにタクシーを呼んでくれた、飲食店のおばちゃん、南大門市場の屋台でひとりさびしくチヂミを食べていたときに日本語で話しかけてくれた、お兄ちゃん(…といっても、同い年でしたが:笑)、空港までのバス乗り場が変更になってわからなかったときに、駅の裏側のバス乗り場まで荷物を持って案内してくれた係のお兄ちゃん、電車の切符が買えなくて(目的地の地名が読めなかった…)困っていたときに手配をしてくれたソウル駅のおじちゃん、変圧器を借りようと思ったが言葉が通じなくて困っていたときに、一生懸命、こちらの言うことを理解しようとがんばってくれたホテルのフロントのお兄ちゃん、…ほんとにありがとうございました。また遊びに行ってご迷惑をおかけするかもしれませんがよろしくお願いします。
 てな感じで、秋は遊びすぎましたので、冬は自重します。(2004.12.6)


 こんにちは。まえざわです。FMくらしきのCM女王(…CMでの声の露出、多いんです)・M田さんが、私のことを「料理長」などと書いている。確かにM田さんに「さんまの佃煮」の作り方を紹介しましたが、私が紹介したのは、あくまで「さんまの佃煮の作り方が載っているホームページ」でして、別に事細かに作りかたのコツをお教えしたわけでもなければ、私の得意料理でもない、ということを付け加えておこうと思います。
 さて、その「さんまの佃煮」ですが(笑)、ほんとにおいしい。まだ、生さんまが少し高いのでなかなか手が出ませんが、もう少し安くなってきたら、また作ろうと思います。弱火でコトコトと煮るのですが、煮汁が少なくなってしまって焦がしちゃうことがしょっちゅう(…ほら、得意料理でもなんでもないでしょ♪)。それが、前回は、うまく調整しながら作ったら鍋を焦がすこともなくキレイにできて、そりゃもう、おいしいのなんのって。普通のステンレスの鍋を使って作るのですが、骨まで柔らかくなります。
 あなたにとっての秋は、何の秋ですか?「さんまの秋」?私にとっての秋は、やはり行楽の秋…かなぁ。長野の美ヶ原と、京都の紅葉ははずせないし…、そして、なんと今年中に、行かねばならぬところがあるのだ。それはいったいどこなのか。…次回のお楽しみ。…誰も楽しみにしてねーよ(笑)。(2004.9.20)


 こんにちは。まえざわです。朝の番組を担当するようになって、夜更かしをできなくなることに、少しさびしさを感じた私でしたが、なーんの、なんの。充分に夜更かしをしたうえで、いつの間にかコテンと寝てしまっている…というのが実情です。で、非情な目覚まし(通話には使っていない携帯電話を、目覚ましとして使っています。ですから、月〜木だけ鳴らしたり、他の曜日は別の時間に鳴らすことが可能)が3時に、素敵な大音量メロディーを奏でます。あまりの非情さに、「もういっぺん、寝てやる!」と思い、幸せな二度寝…。そんな毎日です。
 さて、先日、愛媛県の道後温泉と、内子・大洲の町並みを見に行ってきました。行きは、しまなみ海道を通って、らくちんな旅。帰りは、高松からフェリーに乗って帰ろう…と思ったのですが、なななななんと、松山から高松までの11号線って長いんですねえ〜。走っても走っても走っても走っても走っても走っても走っても走っても、高松に着かない…。もう、一生、高松には着かないのかと思いましたよ(泣)。皆さんも、松山方面に行く時には、行きも帰りもしまなみ海道を…。または、適度に高速道路を使いましょう(笑)。おかげで、宇野までのフェリーの中では、爆睡でしたとさ。(2004.7.8)


 こんにちは。まえざわです。昨年の暮れまでは、いわゆる「遅番」で、お昼出勤、深夜帰宅、午前4時ごろ寝ていました。ところが、この4月から、その「午前4時」がいきなり起きる時間に変わりました。今まで体験したことのない時間帯に起きていることになり、不安半分、楽しみ半分です。見たことがなかった朝日とか、通勤渋滞とか、ゴミを出す主婦の皆さんの姿などを見ることができるようになるんでしょうねえ。夜更かしをできなくなることには、少しさびしさも感じますが…。


 こんにちは。まえざわです。では、さっそく前回の答えからです。私の引き出しの中にある、とある飲み物は何でしょう?という問題でした。正解は、「ポタージュ」。もちろん、粉末のです。FMくらしきには「白楽町のおいしいお湯」があるので、それで作るのです。ちょっとお腹がすいたときに、ニヤニヤしながら飲んでるんです。あったまりますよ〜。
 さて、あけましておめでとうございます。この1月から、FMくらしきの番組はガラリと音をたてて変わってしまいました。9時からの新番組「ライフ ナビゲーション」、もう聞いていただけましたか? 私が、なぜ自分が出ている番組ではなく、他の番組のことを気にかけているのか…。それは、「ライフ ナビゲーション」の裏方を担当しているからなんです。お聞きになった方はおわかりかと思いますが、この番組、ナビゲーターがあちこちに取材をしに行って、マイクを向けて録音してきたものをたくさん放送しています。この取材先とか、どんな切り口で行こうかとか、そのあたりをナビゲーター3人と私で、無い知恵をしぼって、無い袖を振りながら、考えているのです。
 そう、FMくらしきのどの番組も、スタッフが無い知恵をしぼって(あっ、すみません、知恵のある方もいらっしゃいます(汗))、無い袖を振りながら(あっ、これまたすみません、長袖の方もいらっしゃいますね)、考えて考えて作ってます。そこに、ラジオをお聞きの皆さんの頭脳が加わって、はじめて、いい番組ができるんですねえ。…ということで、皆さんからのFAXや、Eメール、おたより(最近、少なくなりましたねぇ)、お待ちしています。(2004.1.4)


 こんにちは。まえざわです。では、さっそく前回の答えからです。♪京都〜大原 三千院〜…。この曲のタイトルは何でしょう?というのが問題でした。正解は…「女ひとり」。永六輔作詞、いづみたく作曲、歌はデューク・エイセスの皆さんです。ね、案外、知られてないでしょ。大原に行くと、歌碑もあるんですよ。
 さて、年末です。今年の年末は、ちょいと訳がありまして、例年よりも忙しいんですね。師も走る師走ですが、私はさながら、「オリンピック短距離に出場する師が100人いっぺんにてんでばらばらの方向に猛スピードで駆け抜けている中で漂う一枚の落ち葉」のごとき状態です。
 そんな私に、ひとときのやすらぎを与えてくれているのが、散乱する机のうえにたたずむ、飲食物たち。まずは、「ビスコ」(写真左)!それも、年代物!田舎の祖母が昭和初期から大事に取っておいたものです。…うそです。山陽道三木SAの「ぐりこや」というお店で売っているのです。もちろん、中身は現在のビスコですよ。そして、これも必需品、「ホットレモン」(写真右)。これがないと生きていけません(笑)。さらに、引き出しの中にも、とある飲み物が隠されているのですが、さあ、それは何でしょう?答えは次回ね!

(2003.12.16)



 こんにちは。まえざわです。紅葉のシーズンです。毎年、勤労感謝の日前後に、日ごろから勤労できることに感謝しながら(もともとの意味はそうらしいですよ!)京都にでかけるのですが、昨年はちょっと浮気をして別のところに行ったんですね。でも、やはり紅葉は京都だ、と思い、14日に行ってきました。ちょっと早かったかなぁ〜。やっぱり、あと1週ずらせばよかったかなぁ〜と思いましたが、まぁいいでしょう(笑)。
 京都で必ず行くのが、大原の「寂光院」。数年前の放火による火事で本堂は焼失してしまいましたが、不思議と落ち着くんですねえ。特によいのが、大原のバス停から寂光院までの道。日本の原風景ってのはこんな感じなんだな、と思いながら歩くんです。
 もちろん、三千院にも行きましたよ。さて、ここで問題。♪京都〜大原 三千院〜…。あまりにも有名な曲ですよね。では、この曲のタイトルは何でしょう?意外と知られてないんだな、これが。正解は次回ね!(2003.11.16)



 こんにちは。まえざわです。行楽の秋です。今年も秋は3ヶ所、がんばって旅行に行こうと思っておりますが、まずは第1弾、「杜の都・仙台と宮沢賢治のふるさと・花巻を訪ねる、みちのくひとり旅・仕事はほったらかしで大丈夫?5泊6日ツアー」に出かけました。残暑が厳しい岡山から、仙台までひとっとび、到着地の気温はなんと20度。ご当地の方にとっては大変な夏だったんでしょうけど、ちょっとお邪魔しに行った身とすれば、なんと涼しいこと!すっかり避暑地気分でした。
 ところで、旅先のちょっとした自然とか、ちょっとした公園とか、有名な観光地ではなくて地元の人が足を運ぶようなスポットって、なんか魅力的なんですよねー。でも反面、こんな感じのところだったら旅行先でなくても、岡山県内にだってあるなー、とも思うんです。そう。どうしても、遠いところを旅してみたくなるのですが、岡山県内の知られざるスポットを再発見するのもいいなあ…。
 なーんていいながら、この秋にでかけなければならない(?)あと2ヶ所は、いずれも県外です。あっ、それも、安旅行ですよ!(2003.9.9)



 こんにちは。まえざわです。夏といえば、「海」と「花火」ですよね。そうですよね。あれは早朝4時半まで仕事をした日でした。家に帰って、7時前、「寝ようかな」と思ったら携帯メールが…。とある知り合いから「午後から時間が空いていれば出かけませんか」という内容のもの。その内容を7時前に、っていうのにもびっくりしましたが、たぶん、これから寝ると一日中寝てしまって、夕方ごろ起きて「あゝ、今日一日は何だったんだ…」と後悔するに決まっているので、お誘いに乗ることにしました。
 行き先を告げられないまま、車に乗せてもらって、東に向かって出発。着いたのは牛窓。牛窓海水浴場でボーっと海を眺める、というのが目的でした。夏の間に一度は海水浴場で海を眺めよう、と思っていたので、ひとまず大満足。夏休み帳の「海」の欄に○印をしておきました。
 普通なら、これで十分なドライブコースだと思うのですが、なななんと、その後に向かったのが笠岡!笠岡の花火見物へと続くのです。笠岡にお住まいの、とある方のご自宅から見物させていただいたのですが、水面からパッと花開くまでが何の障害もなく見えるんですねえ。満喫しました。夏休み帳の「花火」の欄にも○印をしました。
 たぶん、今年中で一番夏を満喫した1日だったのではないか、と思います。家に帰ってから、絵日記にも描いておきました(笑)。よかった…誘ってもらって…。だって、寝て過ごしてたら絵日記に描けませんもんね。(2003.8.11)



 こんにちは。まえざわです。先日、少し遅い昼食をとろうと入った喫茶店。「サービスランチ」を注文しました。出てきたお膳を見てびっくり。ご飯と、スープと、酢の物の小鉢と、サラダと…そして、メインはなななんと「ミートスパゲティ」!スパゲティがおかず、ってこと!? そういえば、以前に入った別の喫茶店でも、ご飯とオムそばっていう組み合わせがありました。主食のご飯と、主食級のおかず…。あなたはOKですか?(2003.7.17)